THE ICE 2018 初めてアイスショーに行ってみた感想。見どころや服装は?

THE ICE 2018に行ってきました!!

初めてのアイスショー。不安と期待でいっぱいでしたが、実際に行ってみると、誰でも参加しやすく、スケーターの皆さんの演技やショーならではステージに大感動!!すっかりアイスショーの魅力に憑りつかれてしまう結果となりましたので、興味はあるけどまだアイスショーに行ったことがないあなたに。初参加ならではの疑問や感想、体験談をご紹介します。

 

※THE ICE2017のブルーレイ・DVDはこちら↓
浅田真央チャリティBlu-ray『THE ICE 2017』【Blu-ray】 [ 浅田真央 ]

浅田真央 チャリティ DVD The Ice 2017 [ 浅田真央 ]

アイスショーの見どころ

アイスショーは、世界トップレベルのスケーターの演技が間近で観られる貴重な機会だと思います。しかも、バトルトーナメントやコラボ演技など、試合や競技会ではみられない選手の表情や、コラボなどの特別なプログラムを楽しむことができます。
THE ICE 2018でもジャンプ選手権や数々のコラボ演技が披露されましたが、宇野昌磨選手、ネイサン・チェン選手、ボーヤン・ジン選手によるTHE ICE でしか見られない、世界初のスペシャルコラボレーションは圧巻でした!また、宇野昌磨選手とザギトワ選手の共演もとっても素敵でした!!どちらもアイスショーならではの贅沢なプログラムですよね♪♪

購入したパンフレット↓

生の演技はテレビで観るのと全然違います

まず感動したのは、テレビで観るより断然、どの選手も演技のクオリティが高いことです(笑)要は、テレビでは少し下手に映っているのではないかと思います(※あくまでも個人の感想です)。生の演技は本当にそれだけスゴイのです!!

さらに、世界トップレベルのフィギュアスケーターの演技は本当に感動します。特に宇野昌磨選手の演技は、息をするのも忘れるくらい圧倒的でした。

そして、目の前で見るジャンプはすごい迫力です!!さらに自分の座席がコーナーだった場合、ジャンプに入るまでの助走がまた大迫力です。自分めがけて滑ってきますから(笑)

目の前をさっそうと滑っていくスケーターさん達のほんまもんのスピード感と、スケート靴が氷上を滑る時の音(ブレードの音というんでしょうか?)も、生でなければ体験できないですよね?素人感覚でも、スピードやブレードの音の、男女の違いや選手ごとの違いが体感できますよ。

それに、ジャンプを失敗した後のしりもち。ゴン!!!とてつもなく鈍い音がします。痛そう…とかいうレベルではありません。少なくとも私が生きてきた中で、人間の体が直接何かに触れて出す音としては最高にヤバい音でした。スケーターの皆さんが、それをもろともせず演技を続ける姿にはただただ脱帽です。

ぜひ一度、生で観ることをお勧めします。

 

会場ごとの座席の種類とチケット料金

大阪公演

会場
丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)

座席の種類とチケット料金
アリーナ席:20,000円
スタンドS席:12,000円
スタンドA席:8,000円

名古屋公演

会場
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)アイススケート場

座席の種類とチケット料金
氷上プラチナシート 24,000円
アリーナ席 20,000円
スタンドS席 12,000円
スタンドA席 6,000円

 

はい。お高いです(笑)

ですが、私はできるだけ近い席をお勧めします。なんせ目の前で!肉眼で!世界レベルの演技とスケーターの皆様のお姿、表情が拝めるのですから。

しかし、近い席のデメリットももちろんあります。前の席の方の頭や、隣の席の方の掲げたバナーでスケーターの姿が見えない場合があります。演技全体を見たい方には、リンクが見るスタンド席with双眼鏡をおすすめします。

 

アイスショー初心者にありがちな疑問

 

アイスショー鑑賞時の防寒対策。服装は?

スケートリンクってどのくらい寒いの??アイスショー初心者は想像しづらいですよね。一般的に、

  • 常設リンク寒い(通年スケートリンクとして使用されているところ)
  • 特設リンクあまり寒くない(〇〇アリーナ、〇〇体育館など、普段は別の用途で使用されているところ)

みたいです。私もビビりながら、完全防備で参加しましたが、実際のところ、会場がどこか、会場内の座席がどこかによって違いました。

私はできるだけ近い席で観たかったので、座席はアリーナでしたが、スタンド席はそれほど寒くはないようです。

 

実際の座席がこちら↓

大阪会場は、特設リンクのためか正直全く寒くなかったです(笑)私は、5分袖トップスとワイドパンツ、スニーカーの装いで参加しましたが、準備した防寒具の出番はナシ。肌が露出している部分(肩、腕、足など)がカバーできるような、カーディガンやストール、ひざ掛けなどの防寒で十分ではないかと思いました。

愛知会場は、一部、二部ともに氷上プラチナシート西2列目で鑑賞したのですが、一部は南寄り、二部は北よりの席で、同じ2列目でも場所が全く違いました。結果、一部は相当寒く、持参したユニクロのウルトラライトダウンコンパクトジャケット、ダウンのひざ掛け、レッグウォーマーを総動員(笑)二部は、それほどでもなくダウンジャケットのみ着用で済みました。常設リンクはやっぱりかなり寒いみたいです。冬物のダウンコートを着たお客さんも結構いらっしゃいましたよ。

アイスショーに初参加してみて…防寒具はやっぱり準備しておいたほうがよいと思います。備えあれば憂いなし。でも、荷物が重くなるのは困りますよね。私は地方在住なので、移動時間が長く荷物は最小限でおさえたい。今回準備したユニクロのダウンジャケットダウンのひざ掛けはとっても軽く、小さく折りたためるので本当に便利でした。お探しの方はチェックしてみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あったか 3way ダウン ラップスカート レディース【328144】
価格:2289円(税込、送料無料) (2019/5/12時点)

楽天で購入

 

 

 

アイスショー初心者あるある
―知識やマナー、鑑賞の仕方がわからない―

1.アイスショーは敷居が高い?
そもそもチケット料金が、他のコンサートやライブ、演劇などに比べてめちゃめちゃお高いので、「アイスショーって敷居が高いのでは?」「初心者にはハードルが高いのでは?」「居心地が悪そう」と思っていましたが、勇気を出して行ってみると、特に困ったことはありませんでした(笑)以前からフィギュアスケートには興味があったのですが(高橋大輔さんが現役時代にファンだったので…この度、現役復帰されたのでとても楽しみです♪)、当時は今ほど金銭的余裕がなく、周りに詳しい方もおらず、地方在住なので会場が遠い等を理由に、お茶の間でテレビ放送を楽しむのみでした。今は、もっと早く行っておけばよかった…と絶賛後悔しています

2.一人で行くのは心配…
フィギュアスケートは好きだしテレビでは見るけど、大金をはたいて地方から一緒に行ってくれる人はなかなかいません(笑)チケット料金が高額な上に、地方の場合は交通費が追加されますので…。なので、結局おひとりさま参加になるのですが。実際に会場に行ってみると、おひとり参加の方が結構いらっしゃるではありませんか。私の周りにも、お隣同士で意気投合している方が割といましたよ。私自身は生粋の人見知りで、話しかけるなオーラを全面に出しているらしいので(悪気はありません)そんな出会いは残念ながらありませんでしたが(笑)そういえば「つかぬことをうかがいますが、そちらのお席はおいくらですか?」と見知らぬマダムに質問されたので、「確か2万4000円だったと思います」となぜかややぼかしてお答えしておきました。

3.フィギュアスケートの知識がない
アイスショーはテレビ放送のように専門家やアナウンサーの解説やコメントがないので、目の前で繰り広げられる華麗な演技の詳細がさっぱりわかりません(笑)ま、解説があったところで、本当のところはド素人の私にはわからないと思いますが…。それでも「今のジャンプは四回転??」とかいろいろ疑問はわいたので、今後はわかるようになるといいなぁ…(←他人事)と思います。とはいえ、解説がなくても、スケーターの皆さんのすごさや技術の高さ、演技の素晴らしさはひしひしと伝わりましたし、感動と興奮が味わえること間違いなしですので、特別な知識がなくても十分楽しめると思います。

4.マナーや鑑賞の仕方がわからない
観客はどのように鑑賞すればよいのか。私は拍手のしどころもわからない状態でしたので最初はおどおどしていましたが、しばらく観察していると、私の勝手な感想としては、どうやらジャンプ、スピン、自分の近くにスケーターが来たときなどに観客の皆様は拍手を送っていらっしゃると現場で感じましたので、そのようにさせていただきました(笑)
また、自分の応援するスケーターさんが登場した際には、自国の国旗や応援バナー(横断幕)をすかさず振ったり、声援を送っていらっしゃいました。もちろん初心者の私に今のところそんな勇気はありませんが、きっとスケーターの皆様の力になることだと思いますので、今後前向きに検討したいと思います。
それから、素晴らしい演技の後にはスタンディングオベーションが行われていました。これには私も参加しましたよ♪

まとめ

初めてアイスショーに参加したので、感想をふまえてご紹介しました。勝手がわからないので、とても不安でしたが、実際に行ってみると、私の想像をはるかに超える素晴らしさで、すっかり虜になってしまいました(笑)これからもどんどん散財する予定です。皆様にもぜひ、生のスケーターさん達の演技を堪能していただきたいと思いました。

フレンズオンアイス2018に行ってみた感想~KOSÉ新横浜スケートセンター座席選びのポイント~

チケット流通センターでチケットを売買してみた感想~評判・口コミ~

宇野昌磨選手出演!コラントッテ発売記念イベントに行ってみた感想~場所取りやお役立ちグッズなど~

宇野昌磨選手が愛用するコラントッテ TAO ネックレス AURAを使ってみた感想

甘いものがやめられない、でもダイエットしたいあなたに。ギルトフリーなおやつ、『スナックミー』をおすすめする理由

この記事では、ギルトフリーなおやつ『スナックミー』についてご紹介します。

ダイエットしたい!!でも、甘いものがやめられない。

これ、永遠のテーマですよね(笑)

その悩みをばっちり解決するのが、『スナックミー』です。

『スナックミー』なら、「また太る…体に悪いものを食べてしまった…」という罪悪感なく、好きなおやつが美味しく、楽しく食べられますよ♪♪

※この紹介コード【q9zbt4】を使ってコチラから登録すると、12種類のスナックを試食できるTasting Box(通常980円)が480円(税別)で購入できます♪

 

ギルトフリーとは?

英語で、ギルトは『罪や罪悪感』の意味。

「ギルトフリー」とは食べても罪悪感を感じないという意味です。

 

おやつを食べるたびに、「また体に悪いものを食べてしまった…」「太るもとなのに…」といちいち後悔していませんか?

それがストレスになり、また食べてしまう。

私は延々そんなことを繰り返していました。

 

そんなある日、テレビでたまたま耳にした「ギルトフリー」という言葉。

検索してたどりついたのが『スナックミー』でした。

 

『スナックミー』は、

人工着色料、香料、保存料、化学調味料、HFCS(ブドウ糖果糖液糖)、精製した白砂糖、マーガリン、ショートニング

などの成分が使われていないので、カロリー控えめで、栄養素は多め。

体に優しいおやつが食べられます♪♪

 

しかもバラエティ豊富なお菓子がたくさん

『スナックミー』が扱うお菓子のバラエティはなんと170種以上

クッキー、ミックス、フラップジャック、ブラウニーバー、チョコ等20種類以上のジャンルからなります。

しかも、パティシエ考案の新商品が毎週登場します!

新商品どんどん出るので、飽きずに続けられますよね♪

 

あなたの好みに合わせてスナックが選べる&選んでくれる!!

スナックミーは、マイページからクイズや評価、リクエストをもとに一人ひとりに毎回異なるスナックを選んでくれます。

私のように、「正直、選ぶのがめんどくさい」という方にはうってつけ(笑)でも、せっかくお金を出してるので、苦手なものは食べたくないですよね。

安心してください。

好き嫌いを登録したり、届いたスナックを評価することで、苦手なスナックは避けることができます。

 

私の好みのジャンルを数値化してくれたものがこちら↓

このように、私の好みを熟知してくれているので、毎回私の好きなお菓子ばかりが届きます(笑)いかにも太りそうなジャンルばっかりですが、そこはギルトフリーなので、安心して食べられますね。

もちろん、おせんべいやしょっぱい系の美味しいスナックもたくさんあるのですが、あくまで私が選ぶとこうなるということですので、お察しください。

 

届いたお菓子たち↓


 

パッケージがほんとにかわいいです!!これだけで箱を開けた瞬間、テンションがあがります♪♪ 8種類のスナックが食べきりサイズで包装されているので、ダラダラ食べや、食べ過ぎを防いでくれます。

※通常サイズは8種類ですが、初回のTasting Boxは12種のミニサイズとなります。Tasting Boxを利用せず通常BOXから開始することも可能です。

 

まとめ

罪悪感なくお菓子が食べられるスナックミー♪ あなた好みのおやつが楽しく食べられます。

気になる方はぜひスナックミーをチェックしてみてください。

※この紹介コード【q9zbt4】を使ってコチラから登録すると、12種類のスナックを試食できるTasting Box(通常980円)が480円(税別)で購入できます♪